アーンして待ってる!「ヒポヒポランチ」

アーンして待ってる!「ヒポヒポランチ」

冒険レベル

カバといえば大きな口がトレードマークですが、口の中がどんな風になっているのかご存じですか?今回は知っているようで知らないカバの口に迫ることができるイベント、「ヒポヒポランチ」をご紹介します。

先着15組限定の餌やりイベント


土・日曜、祝日に開催される「ヒポヒポランチ」は、先着15組限定のイベント。参加に必要な整理券は、当日正面入口ゲート横の管理事務所で購入します。売り切れてしまうこともあるため、入園したら真っ先に管理事務所へ向かいましょう。

イベントのお相手をしてくれるのは、カバの仲良し夫婦、ハグラー(オス)&ミミ(メス)。ハグラーは1歳の時にとべ動物園までの輸送途中、横浜の検疫所から脱走した経歴を持つ強者。その時両目の上に付いた傷跡があるので、ミミと見分けやすいですよ。今日のお相手はハグラー?ミミ? 両目の上が白っぽいのがハグラーなので、ぜひ見分けてみて下さいね!

大きな口を開けて「早くちょうだ~い」


イベントの場所は、カバ舎プール横の普段は入ることができない通路。そこではカバが大きな口を開けてエサ待ちポーズでお出迎え。間近で口の中を見ていると、「喉が閉じているのはなぜ?」など、いろんな疑問が沸いてきます。そばにいる飼育員さんに教えてもらえる絶好の機会なので、どんどん質問してみましょう。


カバにあげるのは、カットしたサツマイモやニンジン。口の中に入れてやってもすぐには口を閉じませんが、いくつか入ると口を閉じてモグモグタイムに突入。この時、なんともいえない幸せそうな表情を見せてくれます。次に口を開けてくれるまでは、この至福の表情をご堪能あれ!

小さな子どももOK!思い出を写真に残そう


イベントでは踏み台が用意されているので、小さな子どもも餌をやることができます。時には、はじめて見る大きな口にドキドキするあまり、エサを水中に落としてしまう微笑ましい光景も。そんな思い出の瞬間をそばで写真撮影できるのも、このイベントの魅力の一つです。

土・日曜は「秘技」に出会えるかも?

イベント終了後は、プールでのびのび過ごすカバを見学。カバのプールは毎週金曜日に水を入れ替えるため、土・日曜は水が澄んでいて水中での動きがよく見えます。水中を歩いたり、お気に入りの丸太をかじったり。運がよければ、お腹を上に向けて水中でぐるりと一回転する姿が見られることがあります。これは飼育員さんでも滅多に見られない「秘技」なので、見られたらとびきりラッキーですよ!

開催場所 とべ動物園カバ舎
開催時期・時間 土・日曜、祝日の13:15~(先着15組)
料金 整理券1枚200円(1枚で1組6名まで参加可能)
その他 イベントは動物の体調や、新型コロナウィルス感染症対策などで休止になる場合があります。公式サイトで事前確認の上お出かけ下さい。
詳細はこちら