「とべ動物園の日」記念。動物がもっと好きになるイベント

「とべ動物園の日」記念。動物がもっと好きになるイベント

冒険レベル

毎年10月下旬の日曜日に開催される「とべ動物園の日」は、高校生以下は入園無料になるお得な日。2020年は10月25日(日)です。
今回は「とべ動物園の日」と、とべ動物園が力を入れるガイドイベントをご紹介。飼育員さんの話を聞くと、動物たちのことがもっと好きになりますよ。

引っ越しを記念した「とべ動物園の日」

毎年10月下旬の日曜に開催される「とべ動物園の日」は、1987年10月に前身の道後動物園からとべ動物園へ、動物たちが引っ越したことを記念したイベント。2020年は10月25日(日)に開催されます。

当日は高校生以下入園無料で、亡くなった動物たちへ感謝の気持ちを込めた慰霊祭が行われます。ほかにも有料イベントが無料になるなど、その年ごとに催しはさまざま。

駐車場から正面入口までのアプローチでは、引っ越しの思い出にも出会えます。道後から砥部まで約12kmの道のりを、白バイの先導でパレードのようにゆっくり移動した動物たち。その先頭を切ったインドゾウの檻が、今も残されアプローチに佇んでいます。

開園当初からのコンセプト「飼育員が案内板」

引っ越しの翌年、1988年4月に開園したとべ動物園のコンセプトは「飼育員が案内板」。立て看板ではなく飼育員の生の声で動物のことを知ってもらおうという取り組みで、全国一飼育員と来園者の距離が近い動物園を目指しています。

飼育員さんの目立つ青色のユニフォームは人混みの中でも見つけやすいようにと選ばれたもの。見かけたらぜひ声をかけてみて。動物への愛情が詰まったいろいろな話を聞くことができますよ。

毎週日曜のガイドイベント

「飼育員さんに声をかけるのは恥ずかしい・・・」という方は、毎回違う動物にスポットを当てた「ZOOタイム1130」への参加がおすすめ。習性や性格など、担当飼育員さんならではの興味深い内容に知的好奇心が刺激されます。

エサやりや記念撮影タイムなど、動物によっては貴重な瞬間に出会えることも!

【ZOOタイム1130】
毎週日曜11:30~(参加無料)

ベテランスタッフと園内をお散歩

園内を知り尽くしたベテランスタッフによる「園内まったりお散歩」は、ひと味違うガイドイベント。
担当するのは田村千明さん。開園当初から飼育員を勤め、園長の経験もあるとべ動物園の生き字引的存在。毎回エリアを絞って楽しいトークで園内を案内してくれます。
田村さん「何回参加しても楽しんでいただけるよう、常に園内の情報にアンテナを張っています。」

動物のことから、園内のちょっとした「へぇー」まで、話題は盛りだくさん。毎回楽しみにしているファンも多く、中には50回以上参加した人もいるほど。
「園内まったりお散歩」は5回参加すると、とべ動物園のオリジナルクリアファイルがもらえる嬉しい特典も。5回目以降は5回ごとに、田村さんチョイスの秘密のプレゼントが!何がもらえるかも、通い続ける楽しみのひとつです。

【園内まったりお散歩】
毎月第3火曜11:00~(参加無料、管理事務所にて当日申込が必要)※先着20名

新たなガイドイベントも登場

現在はボランティアセンター長として、ガイドボランティアの育成に携わる田村さん。2020年7月に、ボランティアによるガイドがいよいよスタートしました。

田村さん「ガイドの皆さんはとても勉強熱心で、充実したガイド内容になっています。現在はゾウとモンキータウンですが、これからご紹介できる動物は増えていくので、楽しみにしていて下さい」

【ボランティアガイド】
毎月第2土曜、第4日曜 ①11:00~②13:00~(参加無料)

開催場所 とべ動物園
その他 各イベントは公式サイトで事前確認の上お出かけ下さい
https://www.tobezoo.com/event/eventcalendar/
詳細はこちら