虹色ファンタジーできらめく「光の動物園」

虹色ファンタジーできらめく「光の動物園」

冒険レベル

冬のイベントの代表格といえば、やはりイルミネーション!とべ動物園では一足早く11/7(土)から、イルミネーション「光の動物園」が始まります。

虹色にライトアップされたロマンティックな園内はデートスポットにぴったり。遊べるイルミネーションもあるので、ファミリーにもおすすめです。

※記事内の写真は2019年開催時のものです

虹色のゲートをくぐり光の国へ

最初に出会うのは正面ゲートを彩る虹色のオーロラ。幻想的な夜空の演出に、入園前から気分が盛り上がります。


園内にはイルミネーションが7カ所あり、まるでカラフルな森の中にいるかのよう。動物モチーフの光の演出が施されたペンギン舎など、さまざまな演出で光の世界にいざないます。

今年は人の動きに合わせて映像が変化する空間イリュージョンが初登場。どんなアトラクションかは、見てからのお楽しみ!

楽しみ方いろいろのオアシスガーデン


オブジェや木々、通路などが虹色に輝き、不思議な空間へと変身するオアシスガーデン。踏むと色が変わる床など、楽しい仕掛けもあるので見逃さないで。

この幻想的な光の世界を、展望レストラン「SKY GARDEN」から見下ろすこともできます。イルミネーションを見ながら夕食だなんて、ちょっぴり贅沢な気分ですね。

そばのアニマルステージでは缶バッジがもらえる動物クイズを開催。動物の「へぇ~」な問題などで、楽しいひとときが過ごせます。

光の動物たちと記念撮影


昨年大人気だった光のライオン親子!立体的なライオンのイルミネーションは、低い位置から撮影すると迫力ある写真に。


ペンギン舎そばには光のペリカンやフラミンゴもいます。「映え」を意識して、いろいろな構図をぜひ試してみて。

ゲリラガイドに出会えるかも!


気温が下がる夜は、暖かい獣舎内に戻っている動物たち。でも、カラカラやビントロングなど、来園者が会いに来てくれるのを待っている動物たちもいます。

ビントロングが暮らす南米獣舎とペンギン舎では、ゲリラ的にガイドイベントを開催。青い制服の飼育員さんを見かけたら要チェック!ガイドが始まるかもしれませんよ。
※南米獣舎は、気温が低い日は閉館の場合あり

クリスマス前の週末まで、毎週土曜に開催される「光の動物園」。夜は松山市内よりも冷え込むので、暖かくしてお出かけ下さい。

 

えひめこどもの城のイルミネーションの情報はこちらから↓

「ナイトファンタジー2020」は約20万球のイルミネーションできらきら。

開催場所 とべ動物園
開催時期・時間 2020年11月7日(土)~12月19日(土)までの毎週土曜と、12月20日(日)
点灯時間は17:00~21:00(入園は9:00~19:30まで)
料金 入園料のみ
その他 動物クイズ大会の詳細は公式サイトで事前確認を
https://www.tobezoo.com/
詳細はこちら